LET ME DESIGN YOUR LESSONS.


受講ご希望の方はこちら
注目!
6月限定新入会キャンペーン
新しい演奏動画をアップしました。写真をクリックすると演奏が聴けます。スペイン名器ホセラミレス(1979年製)による暖かい音色をお楽しみください。
1840年製19世紀ギターによる演奏はこちらをどうぞ。

仕事で使える英語力を身につけたい。海外旅行で英語を使いたい。留学したい。高校・大学受験で英語を武器にしたい。一人一人の目的は千差万別です。目的が違えば、レッスン内容は当然違ってきます。すべての人に同じカリキュラムで進めていく、よくあるグループレッスンでは限界があります。だからエスティームでは開校以来、一貫してプライベートレッスンにこだわってきました。

 

一人一人のニーズ・ペース・レベル・やる気に合わせて、最適のカリキュラムをデザインし、一番効果あるレッスン事実を無視した誤った前提を一切排除して提供しています。そして当校では「英語を話せるだけのネイティブ講師」は雇っておりません。それは受講される生徒さんの要望に合わせた、質の高いプロのレッスンを提供するためです。語学力は一生の財産。エスティームは、グローバルスタンダードの最高水準のレッスンを、どこよりも良心的な料金で提供しております。

I am looking forward to sharing the joy of learning English with you. As your professional English consultant, I will make a real difference in your English learning experience at Esteem School of English. The door is open for you!

 

OUR SUCCESS STORIES  体験談

200点満点中70点から154点に飛躍的に成績UP!

 私は三年前、県内有数の進学校に入学しました。この学校は中学三年生の頃の私の学力より、少し上で難しいかもしれないと言われていましたが、落ち着いて勉強や部活に取り組め、とても楽しそうなその志望校に行きたいと強く思っていたので、挑戦してみました。そして見事に合格しました。

  ですが、やはり私の学力より上を受けてしまったということもあり、勉強についていくのはとても大変でした。特に、英語はとても苦手でした。正直、長文を見るだけで、頭が痛くなるようで、読む気もおこらず、「こんなの読めないに決まっているだろう」という感じでした。そして模試では200点満点中70点程度というような、もうどん底でした。

  でも、そんな点数ばかりを取っているとやはりだんだん危機感を抱いてきました。このままではまずいと思いました。そして一年生の冬、親戚が自分も通っている英語教室を紹介してくれました。そこの先生は英語がペラペラで、発音も今まで聞いたことのないくらいに良い!と聞いて、なんかすごい、そんな先生に英語を教えてほしい、点を上げたい!と思いました。そして二年生から、清水先生にお世話になることになりました。

  今でも覚えていますが、第一回目のレッスンは本当にびっくりしました。こんな発音が良くて、ペラペラな先生は見たことがない!と。まるで外人さんがしゃべるようです。清水先生は最初に発音記号や発音の仕方を教えてくれました。こんなことは学校では教えてくれません。そして、英語は文法が大切だということで文法をし、速読英単語の入門編から徐々に進めていきました。そんなふうに速単の長文を読んでいくうちに、英文にも少しづつ慣れていき、前ほど抵抗がなくなっていきました。  

現役の英語教師の方も受講しています!
自分の当面の目標を英検準1級に据えたものの、衰えていく語彙をどうにかしたくて、大人の「英語塾」を探していた時に巡りあったのがエスティームです。大手の英会話教室に通った経験もありますが、外国人の先生が常にモニターしているわけでもないので自分が正しい表現を使っているのか不安な中、レッスンが終わっていくといった感じがありました。しかし、エスティームでは、書くにしても話すにしても非常に細かい文法のミスも指摘されます。語彙力を鍛えるために、おそらく海外でEFLのテキストとして使われているものを毎週の課題にしてもらいました。その中から12個の単語や熟語を使って自分で例文を作り、毎週清水先生に添削していただいたのですが、先生の洗練された英語の使い方や言い回しがとても勉強になりました。私は、時事的な話題で書くように努めてきましたが、これが結果的に、指定されたトピックで書く英検の新傾向の英作文に効果を発揮したと思っています。おかげさまで、ライティングセクションは満点の750スコア取れました。
なかなか長い文の概要を頭に留めておけないため、英検のリスニングpart2はずっと苦手でした。エスティームでは、毎週Breaking News Englishを聞いてディクテーションをし続けました。空欄に何語入るのか見当もつかない状態で、時々あまりの出来の悪さに清水先生に大きな溜め息をつかれ、さらに自己嫌悪になった時もありましたが(笑)、徐々に英検のほうが簡単に感じるようになりました。
  エスティームに来るまでは、テストには何か対策が必要だと思っていました。でも、一番必要なのは英語の「体幹力」だと思います。体幹を鍛えると細かな部位が正しく動かせるのと同じです。時間はかかりましたが、当初の目標を達成することができました。今の力を衰えさせることなく、さらに上を目指して努力していきたいと思います。
(CT様)

大学入試において構文力は大切です!

私は浪人の一年間、清水先生にお世話になりました。現役時代、英語が嫌いで苦手で英文をみるのも嫌なほどでした。

まずは構文を教わりそのあと入試に向けた特訓をしました。構文の勉強をこんなにしっかりしたのは初めてでした。構文の勉強をすることによって長文を読む力がついたように思えます。分からないところは噛み砕いて教えてくださいました。特に関係代名詞などの苦手なところは基礎から繰り返し教えていただけたのでだいぶ克服できたと思います。

今でも英語は得意ではありませんが先生のお陰で苦手意識はなくなりました。大学に入っても英語の勉強は続きます。がんばります。本当にありがとうございました。

(K.S様)


エスティームはあなたを英語難民から救えるかもしれません!

  大人になって、英語くらい少し話したり書いたりしたいと思って、英語の勉強を続けている人は本当に多い。私もその一人なのですが、これがそう簡単にはいかないのです。中学、高校で必須科目として学び、私の場合は短大でも英語を専攻したのに、海外旅行がなんとか出来るくらいで、そこからなかなか上達しない。

  その後、カルチャーセンターやオープンカレッジの英会話教室に参加したり、厳しくて有名だった英語塾にも3年も通ったけれど、少しは聞けたり読めたりするようになっても、書くことや話すことが何時までたっても苦手のまま。もしかしたら、私に英語は向いていないのかもしれない…。このまま続けても、世の中にいっぱいいる、英語の小説は読めても書くのは苦手、TOEICでは高得点がとれても英会話は出来ない人になるだけじゃないか…。かなり絶望的になって、ネットで見つけたのが清水先生の教室です。

  実は、そんなに期待しないで通い始めたのですが、私はここで一番大切な事に気付かされました。英語は活きた言葉だってこと。コミュニケーションしたいために英語を勉強してるはずなのに、いつの間にか日本の中でしか通じないような不思議な英語を学んでいた事に気づいてショックをうけました。たくさん単語を覚えて、たくさん読んで、たくさん聞いて、英会話教室でたくさん話せば、いつか英語が使えるのではないかと考えていましたが、一番大切なことを学んでいなかった。正しい発音、正しい話し方、正しい聴き方をこれまで学んだことはなかった、というか、これらを重点的に教えてくれる先生には学校時代を含めて、一度も出会わなかった気がします。

  もし、英語学習に行き詰っている人がいたら、私はこの教室をお勧めします。いろいろ回り道をしてわかるのですが、清水先生のように英語を活きた言葉として、話し方聴き方の基本から、正しい順序で教えてくださる先生は、少なくとも金沢にはほとんどいないのじゃないかと思います。よく、英会話は外国人の先生じゃなければ正しい発音は学べないと言う人がいますが、ネイティブの教室に何年も通っている人の大半はひどい発音のままです。日本人の欠点もよく理解しながら、本当の意味で通じる英語を教えて下さる清水先生に出会えて、私はとてもラッキーだと思っています。(NT様)

Powered by Flips
login