なぜ完全月謝制?


アクセス数
昨日99人 先週969人 6月現在合計2998人
TEL (076)232-7142まで
定休日 日曜日(ただしGWを含む祝日はレッスン受講可)
 よく、広告を見ると月々と書いてあるスクールがありますね。月謝制と月々は違います。月々はまとまったお金をまとめて、又は分割で支払う方式です。経営者の立場から言わせると、便利なシステムですが、消費者にとってはリスクが高いということは、近年の大手英会話スクールの破綻で明らかになりましたね。
 正直なところ英語スクールの利益は、まとめてお金を払ったけれどレッスンに参加できない(又は途中で挫折した)生徒によって支えられています。教えなくてもお金だけは入ってくるのですからおいしいシステムですよね。しかし、普通のサラリーマンであれば、毎週同じ時間に参加を求められるグループレッスンにきちんと行くのは、正直不可能に近いですから、どうしても途中で挫折してしまいます。かと言って、スケジュールに融通の利くプライベートレッスンは高額で手が出せないし。。。。学びたいという意欲もこれでは下がってしまいます。
 英会話エスティームは、そんなジレンマに明確な答えを出しています。私にとっては一人一人の生徒さんの進歩を目にすることが喜びであり、プロとしての使命と考えているので、レッスンを休まず継続させるための体制(完全予約プライベート制)を確立しています。
 一人一人の生徒さんが、レッスン内容を理解し、上達を体感できれば、自然と継続へとつながるので長期のまとまった契約は必要ないのです。それが可能となるのは、当然のことながらレッスンの質が担保されてなければなりません。ただのおしゃべりはレッスンとは言いません。フリーカンバセーションの延長レベルのレッスンでは困るので、英語を話せるだけのネイティブ講師は雇っていないのです。
 又、月謝制にすることにより、教える側の1回1回のレッスンの真剣度がもちろん増してきます。楽しいだけの、内容のないフリーカンバセーションまがいのレッスンでは、継続して生徒さんのモチベーションを維持するのは不可能です。
 きちんとした教育内容があれば、まとまったお金を納めるシステムは必要ありません。まとまった金額を予め求めるスクールは、月謝制では生徒の継続率を維持できないから、そうしているのです。自らレッスン内容が希薄であると言っているようなものでは?ないでしょうか。
 是非、エスティームのレッスン内容をしっかり吟味しながら、あなたの貴重なお金を投資して頂きたいと願っています。それが、教える側、教えられる側双方にとって幸せですから。
Powered by Flips
login