200点満点中70点が154点に!


アクセス数
昨日155人 先週1029人 8月現在合計3449人
9月合計2379人
TEL (076)232-7142まで
定休日 日曜日(ただしGWを含む祝日はレッスン受講可)


私は三年前、県内有数の進学校に入学しました。この学校は中学三年生の頃の私の学力より、少し上で難しいかもしれないと言われていましたが、落ち着いて勉強や部活に取り組め、とても楽しそうなその志望校に行きたいと強く思っていたので、挑戦してみました。そして見事に合格しました。

  ですが、やはり私の学力より上を受けてしまったということもあり、勉強についていくのはとても大変でした。特に、英語はとても苦手でした。正直、長文を見るだけで、頭が痛くなるようで、読む気もおこらず、「こんなの読めないに決まっているだろう」という感じでした。そして模試では200点満点中70点程度というような、もうどん底でした。

  でも、そんな点数ばかりを取っているとやはりだんだん危機感を抱いてきました。このままではまずいと思いました。そして一年生の冬、親戚が自分も通っている英語教室を紹介してくれました。そこの先生は英語がペラペラで、発音も今まで聞いたことのないくらいに良い!と聞いて、なんかすごい、そんな先生に英語を教えてほしい、点を上げたい!と思いました。そして二年生から、清水先生にお世話になることになりました。

  今でも覚えていますが、第一回目のレッスンは本当にびっくりしました。こんな発音が良くて、ペラペラな先生は見たことがない!と。まるで外人さんがしゃべるようです。清水先生は最初に発音記号や発音の仕方を教えてくれました。こんなことは学校では教えてくれません。そして、英語は文法が大切だということで文法をし、速読英単語の入門編から徐々に進めていきました。そんなふうに速単の長文を読んでいくうちに、英文にも少しづつ慣れていき、前ほど抵抗がなくなっていきました。  

そして気づいたことがあります。それは単語はただ覚えたものよりも、長文に出てきて覚えたものの方が、頭に残っているということです。その時、清水先生が言った「速読英単語をただの単語帳にするのはもったいない」という意味が実感できました。次の速読英単語必修編が終わると、もう少し長い長文を読むことになり、より長い長文を読むようになりました。

 点数は上がりましたが思うようには上がりませんでした。しかし、清水先生とやっている毎回の長文を読むこと、家でレッスン中にした長文の日本語訳をきちんと書くこと、長文の中で出た単語を覚えることを繰り返しました。そして高校三年生の夏の模試、ぽーんと点が上がり200点満点中120点位になりました。びっくりしましたが、清水先生とやってきたことが、あまり実感はないかもしれないけど、ちゃんと確実に力につながっていることに気づきました。

もっと私はやる気が出てきました。センターまで繰り返し長文を読んでは訳を書き、単語を覚えました。センター直前にはセンター対策もしてくれました。ついにセンター当日、緊張しましたが、今までやってきたことを信じて頑張るという意気込みで受けました。終わったあとは、「どうかな、あまり自信ないかも」と思いました。ですが、自己採点してみてびっくりしました。200点中、154点ありました。これは私の今までで最高得点です。本当にうれしかったです。考えてみれば、当初から84点アップしたということになります。本当に本当にうれしいです。

  実をいうと、リスニングも私なりには良い点で50点中32点でした。これは多分、発音の良い清水先生の英語を毎回聴いて耳が英語に慣れたからであるのかな、と思いました。当初からは考えられないような点数が得られたのも、清水先生が教えてくれたおかげです。本当に感謝しています。

Powered by Flips
login